« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年5月

2011年5月18日 (水)

YouTubeに、芥川龍之介「蜜柑」をアップ

視覚障がい者向けに音訳として、読んだ「蜜柑」です。
テンポ、間、声の調子など、あまり変えず
・・・変わっているところもありますが、これは表現しようと変えたのではなく、
かなり自然と変わってしまった、という感じです。

朗読をするとき、「強調」「間」「転調」といった音声表現をします。
これに、強弱・緩急が加わります。
こういった表現を駆使して文章を、読んでいきます。

もちろん、発声・発音・抑揚・アクセントといった基礎の上に、こういった表現を加えていくわけですが。

およそ10年朗読・音訳をしていて、思うことがあります。
10年やっていますと、表現技術もかなり身につき、「読む」から「語る・話す」ことができるようになってきます。

そのとき、音声表現が、過度であると、
つまり、音声表現に頼り過ぎた朗読をすると、
・・・これは、私の朗読に関してのみ言っているので誤解のないようにお願いします。
「強調」が強すぎたり、「転調」が鋭すぎたり、「間」が自然でなく、『ああ、十分な間をとっているんだ』と、
聴き手に「いらんこと・・・不必要なこと」が伝わってしまうのです。
まぁ、この場合の聴き手は、「聴く耳」のある聴き手かもしれませんが。朗読の先生とかね。

朗読がわざとらしいものになって、よくわかるんだけど嫌味に聞こえたり、していたようです。
今も、そうかもしれません。

これは、かつてブログにアップしていた朗読を聴き返すと、
・・・聴き返すのが怖いほど、こんな感じ、強すぎ・鋭すぎ・わざとらし・・・で読んでます。

「若いな」・・・一生けんめい読んでるんだけどね。

舞台やライブはその時限りなので、いいんですけどね。
というより、ある程度のテンションが必要なのでしっかり表現すべきです。

他に変わってきたのは、声の高さですね。年齢と共に低くなりますが、クライマックスにくると、だんだんたかくなっちゃうってくことが、抑えられるようになりました。高くなった声にプロミネンスで、更に高く・・・聴きぐるしいと言うことも和らいできたかな。

teabreak さんが、数年前読んだ「蜜柑」を動画でアップしてくださいました。
自分の恥をさらすようですが、「朗読」と「音訳」の違いにとどまらない、発見がありましたので、どうぞ両方お聴きいただいて、また、ご感想などありましたらお寄せ下さい。

もちろん、最終的には好みの領域ですから、明るく読んでいる以前の朗読の方がいいんじゃないってのもありかと思います。

最新の朗読で「蜜柑」を読んでみることもひつようですね。でもここまで言ってると更に恥をさらすことになりそうなので、今はやめておきます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

関市喫茶モーツァルトで朗読 5月30日

喫茶モーツァルトでの朗読会ですが、朗読作品が変更になりました。
以前お知らせした、「藤十郎の恋」と「二人小町」はどちらもやめます。
震災後、これらの作品を朗読することが、気持ちの上でシンドイです。

そこで、ガラッと変わりました。
周五郎の「泥棒と若殿」
映画にもなった「西の魔女が死んだ」をシーンとあらすじで
お届けします。

diamond5月30日月曜日午後2時より
diamond関市喫茶モーツァルトにてhttp://mozart7.seesaa.net/

30席限定で残り僅かです。

出演は、「喫茶モーツァルト」で朗読をする会

どちらの作品も心に残る良い話しです。

皆様のお越しをお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »