朗読会

2011年9月 4日 (日)

朗読三昧らいぶ その壱

たくさん来ていただきありがとうございました。

台風はゆっくりと北上して、今日は雨模様のあいにくのお天気。

にもかかわらず、会場が狭くてすみませんでした。

エアコンより外の空気の方が冷たい、蒸し暑い中での一時間でした。

作品の内容も濃い目で、出演者も濃い目で・・・

聴かれた方々、お疲れさまでした。

町屋館の職員の皆様、お世話になりました。


来週9月11日は市の福祉フェスティバルです。

音訳ボラで、音訳体験ブースを担当します。


父の体調が悪いこともあり、

しばらくは、喫茶店と病院の往復になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

朗読三昧らいぶ

9月にはいりました。
台風が心配されますね。

9月4日l日曜日、各務原市鵜沼西町中山道鵜沼宿「町屋館」離れにて、『朗読三昧らいぶ』します。

どなた様もご自由にお聴きいただけます。
時間は午後3時より、一時間ほど。

太宰治『燈籠』と『女賊』の2作。

いずれも、二人で読んでいきます。
太宰の女性一人語りの作品を二人で読むと・・

悩みながらも楽しく練習してきました。
本番、息を合わせていけるかな。

駐車スペースが少ないです。町屋館の西「脇本陣」近くの駐車場をご利用ください。
皆様のご来場をお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

関市喫茶モーツァルトで朗読 5月30日

喫茶モーツァルトでの朗読会ですが、朗読作品が変更になりました。
以前お知らせした、「藤十郎の恋」と「二人小町」はどちらもやめます。
震災後、これらの作品を朗読することが、気持ちの上でシンドイです。

そこで、ガラッと変わりました。
周五郎の「泥棒と若殿」
映画にもなった「西の魔女が死んだ」をシーンとあらすじで
お届けします。

diamond5月30日月曜日午後2時より
diamond関市喫茶モーツァルトにてhttp://mozart7.seesaa.net/

30席限定で残り僅かです。

出演は、「喫茶モーツァルト」で朗読をする会

どちらの作品も心に残る良い話しです。

皆様のお越しをお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

2010朗読コンサート 修了

12日、喫茶モーツァルトでの、朗読コンサート、ありがとうございました!

「生の音」をつけてもらうってのは、どうなんだろうと、思いながらの試みでした。

声が楽器の音に負けてしまわないだろうか?いい曲・楽器の音が耳に届いてしまわないだろうか?

って、思いながら、でした。

でも、チェロもギターも、弾き手が良かったってことも、あり、OKでした。

チェロは、読みとは余り重ならないような構成ではありました。

ギターは、時に感情を引き出し、時に感情を支えることができる、また、感情を収めることができる「色」を持ってます。

ただ、哀愁がありますから、聴き手の耳に声より、届いてしまう危険はありますね。

朗読の声に、「色」が必要だと思います。いい声である必要はないです。

作品の文を、登場人物を、表現する「いろ」を。

いかん、ここまで来て、気づいてしまった。
「いろ」がないぞ、12月の朗読・・・つくかなぁ
たぶん、わかってないんだわ、わたし。
ちょっと、わかりかけたんだけどなあ、最期の講座の時に。
でも、色がないわ、白黒みたいだ。せめて、セピア色に
なったらいいんだけど( ̄◆ ̄;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

ミニ朗読会のご案内

日めくりカレンダーがパタパタと調子よく日付を替えていったような、

あっという間の一か月余。

ご無沙汰です。ツイッターもご無沙汰で・・・

11月にチェロとギターを生で弾いていただいて、朗読とコンサートの夕べを、

と企画までしたは良いですが・・・メンツがねえ誰かいないかなぁ・・・

男役(ρ_;) 自分がしようかなぁ・・・いまいち迫力欠けるしなぁ・・・

とお悩み中。台本もなぁ・・・お悩み中

と、悩みは尽きませぬが、

8月17日火曜日午後2時から、

喫茶モーツァルトミーティングルームにて

第2回目の「ミニ朗読会」です。

お題は、

book 川端康成『掌の小説』より 「雪隠成仏」 ・・・これは可笑しいcoldsweats01川端康成の美学って・・・

book 自選ショート・ミステリー2(講談社)より

    「花影」光原百合

    「地下のマドンナ」朝松健

    「車坂」宮部みゆき

・・・ちょっと背筋が涼しくなるようなお話たち

といったところです。

どれも短い作品たちで、それぞれ落ちていきます。

お時間ある方はどうぞ、喫茶モーツァルトhttp://mozart7.seesaa.net/へお越しください。入場は無料です。

岐阜県関市百年公園南口正面ログハウスの建物。

朗読後はおいしいコーヒーをいただきながら、おしゃべりタイム。

朗読は、「モーツァルトで朗読」のメンバーです。

ミーティングルームに入れるだけはどなたでもお聞き頂けます。

「みのかも声のドラマの会」今年度の講座始まっています。

今年は発表のクラスです。作品も決まり、これより練習です。

朗読フェスティバルは、12月5日(日)(*^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

「喫茶モーツァルト」で朗読会 第二回

今年の桜は本当に美しい!!とっても楽しめました。

5月30日(日)午後3時より、岐阜県関市「喫茶モーツアルト」http://mozart7.seesaa.net/で朗読会です。

初めて朗読の舞台に立ちますという方を含めまして、総勢8名の出演者です。

『朗読で綴る~明治から平成までの女流作家』と、たいそうなタイトルを付けてしまい…

ちょっと公開じゃなく、後悔(u_u。)

樋口一葉、岡本かの子から、林芙美子、向田邦子とつなぎます。平成の作家さんは…お楽しみ…

今日、モーツアルトで練習をして、チラシをおいてきました。

会場の都合で30席しかありません。お早めにチケットをお求めください。

さあ、練習!練習!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

春・朗読の一日

4月25日日曜日、みのかも文化の森で。

今年は、「ぬらりひょん」もほとんど高校を卒業し、大学生となります。

25日には、ぬらりひょん2人と、はっか水から助っ人2人、4人で出演です。

平均年齢が随分上がってます(^-^;

竹下文子さんのファンタジーを読む予定です。

春・朗読の一日 詳細は、美濃加茂文化の森HPへ

http://www.forest.minokamo.gifu.jp/index.html

・‥…☆・‥…☆・‥…☆

3月の森の朗読会、ありがとうございました。

チームワークもよく、本番が一番の出来でしたtulip

楽しかったですね、2年間ご一緒したこのクラスも森の朗読会で終わります。

「父さんの宿敵」は笑いがとれ、「雛」はしっとりと聴けたと言っていただき、感謝です。

お聞きいただいた皆さん、一緒に朗読した3クラスの皆さん、ありがとうございました。

「紙の温度」で表紙の紙を買い、「蓬莱軒」でひつまぶしを食し、打ち上げは知多のようですlovely

・‥…☆・‥…☆・‥…☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

はっか水 朗読会

涼しくなりました。秋の夕暮れって淋しいですが・・・夕焼けが美しいです。

はっか水の朗読会、今年は秋です。

11月3日(祝・火)、午前・午後の2回、各務原市東山のコンスタンツェハウスにて。今年もジージー中村をお迎えします。

太宰治生誕100年で、太宰作品を読みたいと思っていました。『御伽草子』から「舌切雀」を読みます。中村氏が、おばあさんをしてくださいます。なかなか面白いものになるんじゃないかと期待しています。

他に、光原百合「大岡裁き」(ジージー中村)、朱川湊人「昨日公園」(はっか水)を読みます。

「昨日公園」は昨年中学校で朗読させていただきましたが、好評(*^.^*)につき、各務原の皆様にもぜひ聞いていただきたいと選びました。

ということで、よろしくお願いします。

来週中津川で、演劇キャンプという催しがあります。地元新聞にも紹介されていましたが、講演やワークショップ、地歌舞伎、歌舞伎体験等、盛り沢山の4日間です。最終日にお邪魔しようかなと思っています。これも楽しみです。

と、他にも名古屋にワークショップなど出かけて遊んでいたのですが、想定外の、「転勤!」(lll゚Д゚) なども転がり込み、そう遊んでばかりもいられなくなり・・・

10月以降は、はっか水以外は、大人しくしていようかなと・・・白樺先生のところも今回はあきらめました(;д;)

そうそう、火曜日に「時代横町」行ってきました。これで、5回目?かな。今回は3本立てで豪華でした。すごいですね、パワフルで泣かせて笑わせて・・・3本ともよかったです。2話目は特に泣けました。うまいことツボを捕まえるんですねぇ、プロは!田中先生の語りもいつもながらスバラシイ。ジジババはホント楽しい!しかし、あのながたさんの大立ち回りはいつまで見られるのか、余計な心配をしてしましました。

と、元気をもらって、ガンバロウ\(^o^)/

もしですね、お近くではっか水の朗読会に来たいなどという御奇特な方は、こちらまでとりあえず、メールをくださいますか。ご連絡差し上げます。

voice10drops@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

朗読会

8月最後の日曜日、関市喫茶モーツァルトでの「朗読&ピアノライブ」を無事終えました。

全体としては良い朗読会でした。・・・自分で言ってますが、

いろいろな感想をいただきました。

「高校生上手になったね!」・・・ありがとうございます(*^.^*)

「銀河鉄道の夜、以前読んだけど今日聞いて、やっとわかった」・・・これ意外と多かったです

「やっぱ、むずかしいね」・・・ですね

「よくわからなかった」・・・努力したのですが、すみません

「ごめん、寝ちゃった」・・・ハイ(p_q*)リラックスっできてよかったすね

「素敵な朗読会でした」・・・これは感想とは言えませんね、社交辞令です

台本を作る努力・BGMを用意する努力・高校生たちと時間をとる努力・モーツアルトでいすを並べたりお茶の段取りの努力・プログラム作り、看板作りの努力などは、かなりしたのですが・・・

それらの努力とこの夏のスケジュールをこなす努力に随分エネルギーを使った私は・・・

肝心の朗読の練習に努力をしなかった、練習が十分でなかった・・・と反省

先日のワークショップで演出家の先生が言われたことが妙に心に残りました

「生身の人間だからね、その時の体調やなんかで左右されることはある。が、それに左右されない人は、才能(とは言われませんでしたが、それに近い意味で、いい役者?と言われたかな?)がある・・・か・・・練習が十分であったか」

とぉ、しばし反省しました。

来年、また、モーツァルトで朗読会します。5月くらいに。

10月からモーツァルトの暇な時間にミーティングルームを借りて、朗読練習を新メンバーで始めます。何を読もうかな―ゎくゎく( ^ω^)・・・立ち直り早いです

また、はっか水は、今年も各務原市コンスタンツェハウスで11月に朗読会をします。練習に入りました。ジージー中村もいっしょです。太宰の「舌切雀」他を読む予定です。

ジージーが「おばあさん」ね、楽しくやれそうですね、これは。

9月末には中学校で朗読です。有島武郎の「一房の葡萄」の予定です。

この度の反省をよ~くしまして、練習に十分時間をとって、皆様の前に立つことができるよう、謙虚にならせていただきたいと心から思う次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

朗読会のご案内

梅雨の明けない8月ですね。

なんでこう余裕がない日々を送っているのかしらと、毎日思っています。

予定を入れすぎなんです。欲張りすぎです。夏、弱いのに、

大丈夫かよ?? もつんかよ??

栄養たっぷりとんなきゃと思いながら、体重は減りつつありますよ。

喜ぶべきか、嘆くべきか・・・

いや、朗読会のお知らせのつもりで、ブログ書き始めたのに、嘆き節になってしまいましたが・・・

8月30日(日)午後3時より、岐阜県関市山田(百年公園南口正面)

喫茶モーツァルトにて、「朗読&ピアノ ライブ」を開きます。

はっか水、今回出演は3人です。一人はお仕事。

と、高校生のぬらりひょん3人と、初めて一緒に読みます。

安房直子「きつねの窓」(ぬらりひょん)

宮沢賢治「銀河鉄道の夜」(はっか水・ぬらりひょん)

チケットは、飲み物とロールケーキ代、700円です。

お近くの方、喫茶モーツァルト(TEL 0575-28-2929)にお問い合わせいただければ、ご案内します。

「銀河鉄道の夜」は、なかなか手ごわいですわ。

一人で全編読むというのでしたら聞くほうは退屈でも、そのまま読んでいけるんでしょうが、分け読みとなると、登場人物も意外と多いですし、ね、一部カットさせていただいて、BGMつけて、6人で読みますが、ね、

宮沢賢治の、「死生観」「宗教観」を、正しくとらえたいと思うのですが、ちゃんと朗読の中で伝えるのは、難しいですね。よくわからない・・・おそらくこうなんかな・・・という程度になってしまいますかね。

朗読会終わったら、ブログにもアップしていきたいですね。難しいけどすきですね、「銀河鉄道の夜」

銀河鉄道の通る銀河の美しさや、自分の人生を人のために生きたいという登場人物たちの思いを伝えられたら、と思っています。

限られたスペースですので、30席までです。

よろしくです o(_ _)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)