日記・コラム・つぶやき

2012年8月27日 (月)

2012夏・・・近況①

久しぶりもいいとこです。
余裕ないいんだなぁ、私、って。。そう思ってしまいますが、いや、そうでもないぞっと。

2月末に卒業した娘が舞戻り、就職してうちから通い、
4月から音訳グループのお世話をいろいろと・・・
いろんな解決していかなくてはならないことが目の前に押し寄せてきて・・・
よく考えれば、別に私が解決しなくてもいいんだけどね。
その時が来りゃ、なんとかしていくんだろうけど。

昨年引き継いだ喫茶店が、これまた難しいねぇ。今の時期個人経営のお店は。
軌道に乗るまで、というか、乗るんか?これ?って感じで。

7月にはちょっと意外な展開で、亭主が転勤!こちらもお戻りになりました。
急に家族が増え、愛犬も戸惑いがち。

暑い日々が続くと、大変なのは食べること。
もうもう、今夜何を作ろう!?

更には6月からのめまいとの戦いはまだまだ続く。
台風や低気圧が恐い!

私的にはこんな様子で。

朗読関係は、次に続く・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

最近の「つぶやき」から

12月5日(月)
11月12月とせわしい。お店と朗読と音訳と遊びと、教会行事。それと家事。掃除もせねば。でも、ちょっといろいろいやんなったら、つぶやく気になった。

昨日、教会でのコンサート、ビョン・ホギル(韓国テノール歌手、元劇団四季、心筋梗塞を乗り越えて現在に至る)氏のすばらしい歌声に酔った。ピアノの岩本正義さんもすばらしかった。感動したというアンケートがたくさん回収されていた。MEMORY 良かった・・・パチパチパチ

どれも終わっちゃったイベントだけど、同じく昨日、みのかも朗読フェスでした。コンサートもあって、一クラスだけ聴きました。いや~これもよかったんだわぁ。。涙。。 感動させられるって、きもちいいです。

土曜日の夜は、みのかも声のドラマの会講師の先生の朗読聴きました。林芙美子作品はじわっと引き込まれる。もう一作は、朗読なんだけど、芸だな、あれは。まさしくプロだ。

そのまた前の晩(毎日なにしとるんだろうね)、名古屋ちくさ座で、時代劇を勉強している演劇クラスの発表会観ました。いや~頑張ったね。感動的だ。以前観たのは浅丘ルリ子のおりきだった。一葉の「にごりえ」。う~ん、大変な役だよね。今度朗読やってみたい。

感動の3日間の末、で、今日は小学校で読み聞かせ。5,6年の「ヤクーバ」、これは小学生高学年にはうってつけの絵本だね。いい作品を知りました。ただ、いかんのは、自分に余裕がなかった。だから・・・反省!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月13日 (水)

近況

梅雨も明けて、7月半ば。
今日は中学校で朗読。体育館で全校生に。
岐阜のこのところの暑さ、
心配しましたが、ありがたいことに今日は蒸し暑さが余りなくて、
何とか無事に終わりました。
静かに聞いてくださった生徒さん方、
準備をしてくださる先生方、
ありがとうござました。
また、毎回お世話をご苦労様です。。

ひとつずつ、終わりながら。。
好きなことができるのは、感謝なことだなと思います。

6月に音訳グループの30周年の集いを終えて、
名古屋のワークショップの成果発表会も無事とは言い難いけれど、
終わって・・・

名古屋のワークショップは、時代劇をするという貴重な体験。
時代劇にもいろいろありますが、主に近松心中物をベースにしたものとか、
落語を芝居に仕立てたものとか、で、

名古屋の北文化小劇場は、花道があるんですよね。
花道から登場なんて、夢のような体験ですねこれ。

でも、ダメ出しだらけで、何度、走らされたか・・・
それも、着物着て・・・

貴重な体験 過ぎる。

6月末の真夏のような暑い中。
汗だくでしたね。

お芝居をする人はホント大変。

7月から、喫茶店してますの。
前のオーナーさんが引き続き、お店にいてくださるので、
ほとんどお任せなんですが、
いろいろ整理しながら、勉強して、
引き継いでいく予定してます。

好きなことばかりして、遊んでいられなくなるでしょうね。

キリギリスからアリへと華麗に?変身、
とはいきませんが。
脱キリギリス・・・かな。

音楽を奏でて、楽しませてくれるキリギリスも必要ですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 4日 (土)

最近のつぶやきから



「大江戸りびんぐでっど」がシネマで全国ロードショウ、10月16日から。前観たシネマ歌舞伎「牡丹燈籠」良かった。シネマで歌舞伎って?と思いながら観たけど。しっかり観た。「牡丹燈籠」といえば、7月に上演されたDORAMAYAHOMPOのは素晴らしかった。・・・9/4


松竹大歌舞伎、地方でお手軽に歌舞伎を見ることができる。歌舞伎の見方と題して初心者にわかりやすく解説してくれ、「鳴神」と「俄獅子」を観る。扇雀さんの絶間姫にウナリ、芸者姿にウットリする。暑さを忘れる舞台だわ。・・・9/4

岐阜県恵那市で自主制作映画。「ふるさとがえり」 若い人たちが頑張っているようで、できたら何か手伝いたいと思いましたが、予定が合わないのよね。影ながら応援してるわ^^・/・・・9/2

昨日は、名古屋ひまわりホールで、時代横町を楽しみました。泣いたし笑ったし、癒される。朗読もこうありたいな、個人的には、誰でも楽しめる!わかる!『大衆朗読』・・・9/2

朗読教室はどこも満員御礼状態のようですが、音訳ボランティア講座には最近人が集まらないような傾向ですかね?ボランティアもメンバーの高齢化が危惧されてます・・・9/2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

ゴーヤの佃煮

突然ですが、おいしいおいしいご飯にぴったりのゴーヤレシピを紹介しま~すヽ(´▽`)/

ゴーヤの佃煮

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

今日のこと/音声表現について

一月が行こうとしています。二月は「にげる」、三月は「さる」 などというようですが・・・

今年6月の千種座公演の確認の電話あり。3月から毎週稽古にはいるようです。

「やります!」と言ったからには、やります。6月29,30日が、本番です。わたしらは、ワークショップ講座生の続き(もちろん中には長年芝居をやっていらっしゃる方もいらしたりします)ですが、ゲストの面々がすごい!中身はまたお知らせします。 平日の公演となりますが、どんなんになるのか、楽しみです。

今日は、子育て支援「ポニー」の日でした。昼も作るのです。朝から雨模様でしたが、子供さんを連れたお母さん方、いらっしゃいましたね。いいよねぇ。母子で歌歌ったり、ちょっと英語やったり、読み聞かせしてもらったり、子育てのワンポイント教えてもらったり・・・今日はね、けんちん汁と菜飯と牛乳かんでしたね。おいしいよね、大なべで作るから。家で同じようにしても味違うもんね。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

去年からの続きで、「音声での表現」というものを、考えさせていただいてます。

「あなたの読みは音声での表現に頼りすぎている」とは??

これを何人かの人に話したのです。一緒に朗読をやっている人たちの中で、経験の長い人の中には、「ああー」とか「うん」とか、いう相槌?(そうかぁ、そうなんだ・・・)

この「音声での表現」は、朗読する上での技術として大切なものです。先生はそれを否定したわけではありません。ただそれが先行しして、強調されてしまうと、「嘘っぽかったり」「聴くほうが素直に受け入れられない?というか、引いてしまう?」・・・ことがあるかな?

時として、私の読みには、これが強調されてます、たぶん、いかにも強調して音が高すぎたり、これでもかと間をとったり、いやな読み方だな・・・こう書いてしまうと・・・

そういやぁ、違う先生に、「知的だけど、嫌味に聞こえる」なんて、言われたこともある・・・

書いてしまうと、落ち込むやんか・・・

そこで、先日の教室での経験から・・・

山本周五郎の「その木戸を通って」が、テキストでした。

ふさが「お母さま」と絶望的な、どうしたらよいかわからないで、噎ぶ泣く箇所があります。

この「お母さま」が3回出てきたのですが、最初の2回を地の文に組み込んで読んだところ、全部噎び泣いて・・・という御指示・・・はい・・・と、噎び泣いて声を出したところ・・・誰かが笑いました・・・えっ?・・・笑わんで下さい・・・と思いましたが。自分も笑えてしまって・・・先生は「どうしたらいいかわからない絶望的なふさを思って、お読みになってください」とおっしゃいました。

家に帰ってから思いました、なんで笑われたのか?恐らく、クサイ芝居に聞こえたから・・・ではないか? 「お母さま」が、本当に絶望的な、どうしたら良いのかわからない噎び泣きであったなら、わらわなかったでしょうね。・・・またやっちまった(´・ω・`)・・・これだよ・・・音声だけで表現しためっちゃ好例・・・をやっちまった・・・

12月に言われた言葉がレフレイン~「器用なのよね、でもね、不器用の方がいいのよ・・・」

つったってねぇ・・・

いつも言われることは、「もっと思ってください。思って読んだら、読みが変わります」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

いろいろ色々青赤黄緑紫茶

(。_。*))) なんというかぁ・・・

ブログのアップが…朗読三昧がぁ…止まったまま早?か月?

元気してますが…これだけ途絶えると、気にはしてるのですが、腰が重い(・_・)

そんなことはさて置いて、

昨日、みのかも声のドラマの会『朗読フェスティバル』でした(゚ー゚) 出演は現在一年おきですので、ありませんでした。他に教会のクリスマスコンサートと重なり、何とか先生の朗読に駆け付けたという次第で…みなさま、お疲れさまでした。文化の森エントランスホールのいっち番後ろで、お顔もよく見えず、集中して聴けるンかいなと、思いながら…聴けました、集中しました。さすがに素晴らしい!!朗読でした。人物の読み分けがねえ、あんな風にねぇ…できるんよねぇ…

先々週名古屋の朗読講座以来ちっと落ち込み、与えられた課題にいまだどう取り組んで良いかも見当つかず、手つかずの…今週また講座あるんよ、なんも変わっとらんがね…あーっ、これはねぇ、言われてすぐできることじゃないよ~まったく~「まっ、深くお考えになってください」ってさぁ、深くお考えになっちゃてるけど、できんがね。いっぺん全部捨てたろかとも思うけど、捨てれられせん…

ということで、この朗読講座休みがちな私ですが、ここは毎回行かなくてはいけません。月2回のカルチャーですが、一年後を目標に、脱皮ぃ!!を図るのだ┗(^o^)┛まじめに通うぞ!交通費がかかるけど。ちゃんと来いということなのだなと、ヘイ、ちゃんと行くから、先生よろしくご指導お願いしますm(_ _)m

再び話が変わります…久し振りだと話もたまるねぇ…

今年の岐阜市文化センターの「戯曲づくりワークショップ」…発表会が今年は早いですよ。12月26日土曜日です。なと…作品選ばれちゃった(*^.^*)初めて…リーディングは、この時期忙しいのでパスさせていただきましたが、たのしみheart01

「ことばのまなびや」朗読発表会、2月にあります。こちらは、今回は練習に向かうのにやはり躊躇してしまい、参加したいのですが、失礼することにしました。練習が始まった時に転勤で引っ越しが重なって、もうあきらめました。また、お知らせします。

11月は朗読会以後、家族のインフルエンザや父の入院・手術などで、なんだかパタパタと過ぎてしまいました。その間、ジョイフル行ったり、ライフカレッジ頼まれて朗読会しましたぁ。「夢十夜」や「おこんじょうるり」読ませていただきました。また1月にね、あります。

他にもいろいろありますが、今日はこの辺でmoon3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

喫茶モーツアルト(岐阜県関市)

コーヒーとカレーの美味しい、関市百年公園南口の喫茶「モーツアルト」のご案内です。

クラシックとジャズの大好きなマスターと美しいママさんのお店です。

モーツアルト外観

建物はログハウスで、ブラウンとグリーンが基調の落ちついた雰囲気です。

店内にはピアノも設置され、コンサートなども予定されています。

店内の様子

また、レジ近くにはフランス蚤の市から直輸入の雑貨も販売されています。

一個400円のエコバックは人気商品です。売り切れ続出!

フランス直輸入の雑貨たち

また、夕方5時からはミーティングルームでマスターご自慢の本格的官球式アンプでリクエストした曲をお聴きいただけます。レコードやCDをお持ちいただくこともできます。

ミーティングルームはソファでゆったり

営業時間は、午前8時から午後7時まで。

正午までモーニングサービスあります。日曜定休です。

ぜひ、お訪ねくださいo(*^▽^*)o

実はこの私、たま~に、お運びしています。

また、8月頃、モーツアルトで朗読ライブを計画しています。

東海北陸自動車道関インターすぐ国道248号線沿いです

国道248号線から

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

戯曲講座を終えて/中学校で朗読

先週の「戯曲塾」優秀短編発表会、徐々にですが、年々お客様も増え?、興味深い発表会だと思います。関係者の自分が言うのもなんですが。

3作品のリーディングと1作品のお芝居・・・戯曲って活字のときと、リーディングのときと、芝居になったときと、姿を変えていくんですね・・・だんだん立体的になる

この講座でよく聞く言葉のひとつがリアリティー。作品を書くときに考えることの一つは、普通、人と人が会話しているときに、こんな風に言うか?この会話は自然かな?この台詞は説明的になってない?

よく初めにやってしまうモノローグってやつ。手っ取り早くて状況とか登場人物の関係とか説明するのに便利だから。だけど、普通、人が一人でいてペラペラしゃべる?普通の人は喋んないよね、そんなに独り言を人に聞こえるような声で言わないじゃん・・・確かに・・・これはリアリティーからかけ離れている・・・

朗読を始めたときに、思ったことがあります。芝居ってリアリティーってもんがないんじゃないかって。デフォルメされた世界だもんね、だから、リアリティーはなくってもいいんかと。

その点、朗読のほうが自然で(比べるもんじゃないですがね)リアルだな・・・

ってね。

でも、芝居にこうやってリアリティーを求め、極ふつうな台詞をしゃべっていくってのがあるんだ・・・と、ものを知らない私は思いましたョ。

観客に芝居だということを悟らせないことも、一つの目指すところみたいで・・・

いかにも芝居ってのも好きですけどね、わたし。

いろいろ、今年も勉強になりました。ありがとうございました。

今日は、双葉中学校行ってきました。

全校生徒が体育館で授業時間一時間、朗読を聞くのです。

今年度6回目で、今回が最後だったのです。

みのかも声のドラマの会が、学校からの依頼で会員が出向いています。

いろいろとお世話下さっているYさん、お疲れ様でした。ありがとうございました。

生徒さんがたは静か~に、真剣に聞いてくれました。よい子たちですね。

今年で3年目ですから、だんだん聞くことに慣れてきて、きっと聞いて理解する力・リスニング力も育ってきているでしょうね。そして想像力も確実に育まれていると思います。

いいなあ、双葉中の生徒たちは・・・先生方も時間を設定することからいろいろと調整しながら大変でしょうけど、来年度もなさるようです。先生たちエライ!!

心の柔らかい時に是非、いろいろな作品に触れてほしいですね。ホント。

朱川湊人さんの「昨日公園」を読んできました。はっか水 4人で。

名作というものではなく、どっちかというと、映像的なものですね。何年か前の「世にも奇妙な物語」の原作だったそうです。タイムスリップというか、ちょっと不思議な話ですね。

興味のある方は『都市伝説セピア』という短編集の中にありますので、どうぞ。

朱川さんの作品は、以前「栞の恋」読みました。これもよかったですよ。懐かしい曲をいっぱいBGMに使いました。タイガースとか「アカシアの雨・・・」とか。

さてと・・・「野菊の墓」を、つづきを、読まなくちゃ(・_・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

リーディング発表会

今日です。

今日の午後3時から…岐阜市文化センターで…

出演する予定だったんです(u_u。)ところが体調不良その他で、降りました…

で、今日はランチして見に行きます。また帰ってきたら感想を書きましょう。

今回は太田さん(講座生)の作品をお芝居にして、他3作品をリーディングして発表というものです。

一本の戯曲から芝居になって行く過程をこの目で見てゆくはずだったのだ…

でも、2回お稽古に出られて、「演出」というものを見せていただきました。

太田作品は難しいんです、言葉の奥に裏に大変たくさんのことが潜んでいるんです。

はせ氏は、冗談めかして「まるでスルメを噛むような・・・」といわれましたが、噛めば噛むほど味があるというか・まだまだ中から何か出てくるといった感じで。

それを一つずつ解明して演出をつけていく過程はほんと面白かった(* ̄ー ̄*)

今日はどんなふうに出来上がっているか楽しみです。悔しさもちょっぴり・・・

で、ドキドキ(*゚ー゚*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)